お茶ダイエットの注意点

お茶ダイエットの注意点

体に良いお茶でダイエットするお茶ダイエットですが注意点はどんなところでしょうか。まず、カフェインを含んだダイエット茶で実践する場合、「眠れなくなる」、「胃が痛くなる」等の症状が出る方もいます。

 

カフェインには、覚醒作用があり、夜飲むと眠れなくなる方もいます。

 

カフェインに敏感な方の場合は、午後3時に飲んだだけで眠れなくなる方もいます。カフェインは、刺激物質なので、敏感な方の場合、胃痛を起こす方もいます。胃痛や不眠を感じる場合、量を減らすか、ノンカフェインのダイエット茶を使うと良いでしょう。

 

お茶ダイエットをすると、沢山のお茶を飲みますね。

 

注意としては、お茶は利尿作用があるので、頻繁にトイレに通うことになります。例えば、朝、ダイエット茶を飲んで会社で働き、お昼休みにも沢山のダイエット茶を飲んだとします。利尿作用が大きいので、1時間に1回、それ以上トイレに通ってしまう人もいます。

 

あまり手が離せないような仕事をしている場合は、デメリットが大きいです。自宅にいる時間にトイレに通うように多めに飲んだり、会社や学校では飲む量を工夫しましょう。

 

また、お茶ばかり摂取していると、塩分不足による水中毒が懸念されます。

 

お茶だけにならないように、食事もしっかり摂り、塩分を体内に取り入れるようにしましょう。また、鉄分不足にならないようにも注意が必要です。