杜仲茶の効果・効能・飲み方

杜仲茶の効果・効能・飲み方

杜仲茶とは

杜仲茶(とちゅうちゃ)は、トチュウという木の葉を煎じて作るお茶のことです。
トチュウは中国が原産で、トチュウ目トチュウ科という独立した体系を持つ落葉高木です。

 

中国では漢方薬の5本の指に入るほど珍重されたお茶で、不老長寿の上薬と言われてきました。
日本ではブームになった後、効果を実感している人から変わらず支持を受けています。

 

特徴的なのは成分で、ビタミン類やミネラル類はもちろん、カルシウムやマグネシウム、カリウム、亜鉛、鉄分など、現代人に不足しがちな成分をバランス良く含んでいることです。

 

また、最近の研究では抗酸化成分である「リグナン化合物」、「イリノイド化合物」、「ペクチン」、「ディリグナン」などと言った希少成分も含まれていることがわかっています。

 

自然のサプリメントとして、また注目が集まっているわけですね。

 

杜仲茶の効果

杜仲茶に期待される効果としては、ダイエット効果としてはコレステロールの吸収を抑制する効果、血管を拡げて血行を良くし、筋肉をリラックスさせる効果、高血圧予防効果、肝臓や腎臓をサポートするデトックス効果などがあります。

 

脂肪の燃焼を促進するはたらきがあるので、杜仲茶を飲んで運動をすると効果的です。

 

杜仲茶の飲み方

杜仲茶は、茶葉であったりティーバッグであったり、日本でもさまざまな形で販売されているのですが、どうしても今ひとつ人気がないのがその味です。

 

というのも、杜仲茶の味には少々クセがあって、身体に良くても美味しくないから飲みたくない、という意見も多いのです。とても身体に良いのでもったいないのですが、なかなか薬のような風味のお茶を好んで飲むのも難しいですよね。

 

その場合は、他の風味の良いお茶とうまくブレンドして飲むのがオススメです。
合うのはハトムギ茶や麦茶などでしょう。

 

杜仲茶の注意点

カリウムが豊富なので、もし腎臓に何か疾患がある人であれば、摂取は控えたほうが良いでしょう。杜仲茶にはカフェインが含まれないので、その点はとても良いお茶です。