緑茶の効果・効能・飲み方

緑茶の効果・効能・飲み方

緑茶とは

緑茶を知らない日本人はいないのではないでしょうか?
それほど身近でありながら、実はあまりちゃんと理解出来ていないのも緑茶です。

 

緑茶は不発酵茶という種類になり、摘み取った葉は発酵が止められています。

 

また、新芽から摘み取りまでずっと日光を浴びたお茶は煎茶、新芽のころから日光を遮断して育てられるのが玉露、煎茶と玉露の間に位置するかぶせ茶など、栽培方法によってもその味わいや栄養価は段違いになります。

 

味わいの特徴は光合成によって生まれる渋みのカテキン、光を遮ることによって生まれる旨味のテアニンなどで、このバランスによってそれぞれのブランドが出来上がるのです。

 

緑茶の効果

緑茶には様々な健康成分や美容成分が含まれますが、ダイエットに注目するならカテキンを置いて他にはありません。カテキンは、上記にあるように光合成によって生まれる渋みの成分。

 

まだ完全に解明されている成分ではないのですが、ダイエット効果の他にも殺菌効果や抗菌効果、抗酸化作用、抗がん作用、肌の若返り効果などが注目されています。

 

茶カテキンを利用したダイエット茶もトクホにたくさん登録されていますよね。食事と一緒に摂ると脂肪が吸収されるのを抑制することがわかっていますので、毎日の習慣にしたいものです。

 

緑茶の飲み方

ダイエット効果を高めるためにも、カテキンのチカラを充分引き出す飲み方をしたいですよね。
緑茶の中でも煎茶は高温で淹れたほうが効果が高いと言われている種類です。

 

これはカテキンをきちんと抽出するのに80℃以下では不足なためで、出来ればしっかり沸騰させてお湯で煮出したほうが高い効果を得ることが出来ます。

 

ただし、熱湯で煮出すということは他の風味が飛んでしまうことにもなるので、美味しいお茶、というよりは「苦いお茶」というものになってしまうのは致し方無いところかもしれません。

 

でも目的をダイエットに絞るなら、安い煎茶でも良いので、熱湯でしっかり抽出しましょう。

 

緑茶の注意点

注意すべき成分はカフェインですので、カフェインにアレルギーのある人はあまり濃い煎茶はおすすめ出来ません。身体を冷やす場合もあるので、妊娠中には控えたほうが良いでしょう。