マテ茶の効果・効能・飲み方

マテ茶の効果・効能・飲み方

マテ茶とは

マテ茶という名前は聞くようになったけれど、何か良いのかわからないという人は多いのでは。

 

マテ茶とは南米のアルゼンチンやブラジル、パラグアイなどにある飲料で、モチノキ科の木の葉や枝を乾燥して粉にしたものを熱湯で煮だして飲むお茶になります。

 

ミネラルの中でも鉄やカルシウムがとても豊富で、ビタミンAとBがたくさん含まれているので、サラダのようだと言われるお茶ですね。グリーン・マテ茶やロースト・マテ茶など、国によっても違った製法で親しまれているようです。

 

マテ茶の効果

フラボノイドが豊富なため、緑黄色野菜が不足している人にはとても良い補給になります。
また、食物繊維も含まれるために腸内を掃除するデトックス効果も期待出来ますね。

 

また、ポリフェノールが豊富なので、血中の中性脂肪値を下げたり、悪玉コレステロール値を下げたりする効果が期待出来ます。

 

一時的なダイエットではなく、飲み続けることで太りにくい身体を作る効果が期待出来ます。

 

マテ茶の飲み方

アルゼンチンやパラグアイではグリーン・マテ茶のほうが親しまれています。

 

現地ではアイスティーにする方が多いようですが、成分をしっかり抽出するためにも熱湯で濃い目に入れてからにしたほうが良いでしょう。

 

ブラジルではロースト・マテ茶のほうが親しまれています。

 

ロースト・マテ茶はブラックマテ茶とも言われますが、焙煎しているのでグリーン・マテ茶より少し成分が飛んでいますが香ばしく、風味があるのが特徴です。
苦味が少ないので熱湯でじっくり煮だしてからホットで飲みたいですね。

 

ちょうどグリーン・マテ茶が緑茶で言う煎茶、ロースト・マテ茶がほうじ茶のような位置づけだと思うと良さそうです。

 

マテ茶の注意点

ロースト・マテ茶のほうは苦味も少なく、妊娠中の人や子どもから高齢者まで愛飲している人もいるようですが、カフェインは入っています。

 

もちろん量は少ないですが、あまりガブ飲みして良いものでもありませんね。