ギムネマ茶の効果・効能・飲み方

ギムネマ茶の効果・効能・飲み方

ギムネマ茶とは

甘いモノ好きで糖分を気にしている人は、ギムネマの名前を知っているかもしれませんね。

 

ギムネマというのは正式な名前をギムネマ・シルベスタという植物で、インド中南部が原産のガガイモ科の植物です。グルマールという名前も持っていますね。

 

ギムネマはアーユルヴェーダでも血糖値の急な上昇を抑える効果に注目されていて、食事の後に血糖値が上がるのを抑制するためにダイエットハーブなどとも言われてきました。

 

先ほどの別名であるグルマールは、ヒンディー語で甘みを壊すという意味があるそうです。ギムネマの生の葉を歯で噛んでいると、口の中で甘みを感じなくなるほど糖分吸収を阻害するチカラがあります。

 

ギムネマ茶の効果

小腸で糖質の吸収を抑制する効果があり、肥満防止や血糖値上昇の抑制効果があります。
また、便秘解消の効果も期待されています。

 

科学的な検証は途中ですが、血中コレステロールを下げるデータもいくつか上がっているようです。糖尿病患者に対する臨床試験や、ダイエットに関する研究で広く使われているお茶です。

 

ダイエットに関しては、身体が甘みを感じなくなるため食事の前に摂取すると食欲を抑えられる効果があると言います。この感覚は1時間ほどでなくなりますので、食べる欲求がコントロール出来ない人には良いかもしれませんね。

 

ギムネマ茶の飲み方

ギムネマ茶は市販の茶葉やティーバッグで飲むのが手軽でしょう。

 

ただ、苦味がかなり強いために単体ではなく他のお茶とブレンドされている製品が多いようです。食前に飲むと食欲が抑えられますし、血糖値の上昇を抑えたいなら食後すぐに飲むと良いでしょう。空腹時に飲んでもあまり効果はなく、食事と合わせて飲むことで食欲や糖を抑える事ができます。

 

ギムネマ茶の注意点

人によっては飲むとお腹が張ったような感覚があったり、ガスがたまっておならが多くなったりすることがあるようです。飲み始めに起こりやすく、1ヶ月以内には治まるようですが、気になる人は飲むタイミングを考えましょう。

 

すでに糖尿病の治療をしている人は主治医との相談が必要です。